違和感

自分がどう生きたいのか、という問題について、「こうである」という答えを出すことは僕にはすごく難しく感じる。一方で、「これは違う感じがする」と感じることはあって、ただ、それが何故なのかと聞かれると、それはそれで難しい。

違う感じの原因は羨ましさなのかもしれないし、嫌悪感なのかもしれない。嫌悪感を感じるということは、自分の中にも似たような性質があるのかもしれない。

 

もちろん、これはどう考えても違う、ということもある。ただ、何故「どう考えても違う」のかを言葉にするのは意外と難しいなと思う。好きじゃない感じ、気持ち悪い感じ、醜い感じというのがある。

例えば、僕はあんまり偉くなりたいとは思わないと同時に、偉くなるような才覚もない。少なくとも、それに情熱を注ぐことは難しいだろう。そう考えると、情熱なのかもしれない。立派な会社に入りたいとか、有名になりたいとかいうことに情熱を注げるイメージもあまりない。

 

あんまり人や物事に縛られたくないのかもしれない。また、皆がやっていることはやりたくなかったり、競争するのが面倒というのもある。あっちが偉い、こっちが偉い、というようなやり取りも苦手だし、評価をされるのは(ポジネガに関わらず)嫌いだと思う。

「僕」というものはよくわからないのだけれど、僕は僕でありたくて、そういう感覚はきっと普遍的なのではないかと思っているのかもしれない。だから、時代や場所、状況などに依存するものには違和感を感じるのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください